優れた雇用主は、適切な業務にふさわしい人物を選ぶために努力を惜しみません。1 日の 4 分の 1 から 3 分の 1 を仕事に費やすのですから、業務要件が自分の能力と関心に一致することが重要です。

雇用主は、良好な業務パフォーマンスにどのような行動および能力が必要か考察します。 これらの行動および能力は、しばしばコンピテンシーという言葉で説明されます。コンピテンシーとは、所定の役割において高いパフォーマンスをもたらす「行動」の組み合わせのことです。個人のコンピテンシーを測定するため、雇用主は、テスト、面接およびその他の評価ツールを使用する場合があります。

選抜とは、あなた自身と企業が選択を行う双方向の過程であることに注意してください。双方にとって正しい選択が行われることが大切なのです。